CALENDER
<< July 2018 >>
SunMonTueWedThuFriSat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    

SELECTED ENTRIES
ABOUT
CATEGORIES
COMMENTS
TRACKBACKS
LINKS


スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています





| - | | - | - | |
第21回琉球新報児童文学賞  『ステラ』 (1)

nature.jpg
Photo by 由美太っ♪


『ステラ』


 

アスレチック公園を小走りに走りぬけるとき、ランドセルの中でお手玉がおどるのがわかった。


 ぽんぽんしゃりしゃり、あづさの背中で赤や黄色のお手玉が楽しそうに笑う。わかったわかった。あとでいっしょに遊ぼうね。


 公園の出口近く、ひらりとさくを飛びこえると道のすぐ前にあづさの家はあった。車が来ないか用心深く左右をのぞいて、いちもくさんに道を横切り玄関に飛びこむ。


 「ただいま〜。」

 
 いつものように声をかけて玄関のドアを開けようとした。


 あれ?開かない。お母さん、おでかけかな?

玄関横の小さな中庭にまわって、あづさは大きな声で中に声をかけた。


 「おばあちゃん、ただいま〜。お母さん、おでかけ?玄関が開かないよ。」


 あづさが帰ってくるこの時間、おばあちゃんは廊下をへだてたリビングのすみの椅子に腰かけている。陽あたりのいい中庭をながめているおばあちゃんがゆっくり立ってきて、


 「これはこれは。あづさどのではござらぬか。おかえりなさいでござるよ。」

ユーモアたっぷりに声をかけながら、にこにこと中に入れてくれるの。

 

でも、この日はちがった。


 リビングにおばあちゃんの姿が見えない。外から見ると家全体がしんとしていた。


 「ただいまでござる・・・。おばあちゃんもおるすでござるか。」


 中庭の縁側に腰かけて、あづさは背中からランドセルをおろした。


 お母さん、おつかいかなぁ。おばあちゃんはきっと、眼医者の金子先生のところでおしゃべりしておそくなってるんだ。いつもそうだもの。

 

お母さんの帰りを待っているあいだ、小さな庭のむこう側から、公園の前を横切る道の先にキャベツ畑の農家のおじさんの姿が遠くに見えた。

 きょうの仕事を終えておうちに帰るのかな。おじさんの影が道の端っこまで長く伸びていたけれど、すぐに見えなくなった。


 もうすぐおひさまがかたむく時間だ。


 お母さん、おそいな。


 おうちのみんながお出かけしていて、だれもいないことはこれまでもあった。


 そのたんびにあづさはこの中庭の縁側で待ちぼうけをくらって、そのうち帰ってきただれかに口をとんがらかす。

 「早くわたしにも鍵をくれたらいいのに。」







| 『ステラ』 琉球新報児童文学賞受賞作品 | 06:41 | comments(0) | - | |
第21回琉球新報児童文学賞 『ステラ』 (2)

41d36d62b42750661ff71e34da2033c1.jpg
Photo by 由美太っ♪


そうだそうだ、きょうはいいものがあった。


 あとでおばあちゃんと遊ぼうと思って、ランドセルに大事にしまったお手玉。
せっかく急いで帰ってきたのになぁ。

 あづさはランドセルからお手玉を取り出し、ぽんと空中に投げてはまた手の中にもどす。


 赤や黄色の花柄のちりめんでできたお手玉が三個。
 むかし遊びの道具を持ち寄る学校の授業で使った、おばあちゃんお手製の古いお手玉。中にあずきが入っていて、しゃりしゃりした感触が心地いい。


 むかし遊びの道具を探していたあづさに、こんなものがあるよ、と言っておばあちゃんがお手玉を出してくれた夜


 「ひい、ふう、みい、よう、いつ、むう、ななつ・・・・・・・。」


 歌うように片手でぽんぽん空中にお手玉をほうってはすくう様子が、まるでカラフルな観覧車がおばあちゃんの手の中で回っているように見えた。


 「おばあちゃん、すごーい。魔法使いの手みたい。」


 目を丸くしているあづさに、おばあちゃんはくるくるお手玉を回しながら


 「あづさも練習すれば、すぐに上手になるよ。心配ご無用。」

と、おどけて言った。

 

「ひい、ふう・・・、おっとっと。みい、よう・・・。あ、だめだ。こりゃ、むずかしいでござるよ、おばあちゃん。」


 あづさの手のひらをはずれて、縁側に黄色いお手玉がなんども落ちた。


 おばあちゃん、早く帰ってこないかな。

86fd2bd79ce2a6c299f4c7c02b035756.jpg


 

「あづさ。やっぱり帰ってたな。」


 中庭をのぞいてあづさに声をかけたのは、兄のみずきだった。


 「あれ?おにいちゃん。」


 急いでお手玉を拾って、ランドセルを片手でかかえながら、あづさはおにいちゃんのうしろに続いて玄関に移動した。


 「きょうは早かったんだね。部活なかったの?」


 玄関の鍵を開けながらおにいちゃんは、真新しい中学の制服の背中で

「うん・・・・。」

と短く返事をした。

 



 「あづさ、おばあちゃんが入院した。」


 リビングのカーテンを開けて、かたむいた夕日を入れながら言ったおにいちゃんの顔が少しくもっていた。


 「えっ?」


 「だいじょうぶだよ。あづさが待ってるだろうから、きょうは早く帰るようにって母さんから連絡があったんだ。」


 「入院て?おばあちゃん、どこか悪いの?だって、朝はなんともなかったじゃない?」

「くわしいことはわからない。母さんが帰ってくるまで待とう。うんと具合が悪ければ病院に呼ばれるはずだろうから、きっとだいじょうぶだよ。」


 あづさは、おばあちゃんのやわらかい笑顔が遠くに行ってしまうような気がして、急に不安になった。

 おばあちゃんがどこかに行ってしまうことなんか、これまで考えたこともなかった。

 おばあちゃん、おばあちゃん。








| 『ステラ』 琉球新報児童文学賞受賞作品 | 00:01 | comments(4) | - | |
第21回琉球新報児童文学賞  『ステラ』 (3)

ゆみた1.jpg
Photo by 由美太っ♪

そろそろ暗くなるころ、やっとお母さんが帰ってきた。


 昼前から少し調子の悪かったおばあちゃんの熱が急に上がり、救急病院で念のために検査入院をすることになったのだそうだ。
 これまで大きな病気などしたことのないおばあちゃんが、入院などいやだとだだをこねて大変だったと、お母さんが笑って言った。


 お母さんの話を聞いて少し安心したけれど、入院なんかしたことのないおばあちゃんがひとりぼっちで白い病室で寝ているのかと思うと、あづさは胸がしめつけられるような気持ちになった。


 「おばあちゃん、ひとりでさびしいよね、きっと。」


 夕ご飯のあと、いつもおばあちゃんと過ごす時間にあづさがぼそりと言った。おばあちゃんがいない夜に、一番さびしい思いをしていたのはあづさだったのかもしれない。


 「だいじょうぶよ。検査がすめば、おばあちゃん、明日には帰ってくるわよ。」

 


 でも、それからおばあちゃんは一週間たっても退院できなかった。


 検査のけっか、熱を下げるためにしばらく点滴を受けなくちゃならなくなったのだ。


 学校から帰っても、おばあちゃんのいない家はつまらなかった。お母さんが毎日病院に通うようになったので、あづさにはじめて鍵がわたされた。あんなにほしかった鍵だったのに、ちっともうれしくなかった。


 いつもおうちに帰りを待ってくれている人がいるのって、幸せなことだったんだ。


 なにかが起こらないとわからないことってあるんだね、おばあちゃん。


2c1272c1e8693f3e972cc8ecca6f473e.jpg 


 二週間ほどして、やっとおばあちゃんが退院できることになった。



 その日。学校からの帰り道。
 
 あづさの足取りがいつもよりもどかしい。早く早く、帰らなくちゃ。いつものアスレチック公園を一気にかけぬけて、ちゃんと左右を見分けてから道をわたり、

 
「ただいま〜!おばあちゃん!」


 と玄関に転げこんだ。
 鍵は開いていた。うれしかった。


 「おかえり、あづさ。おやおや、そんなに息を切らして〜。」


 「ただいま!おばあちゃん・・・。」


 あれ?おかしいな。おばあちゃんが帰ってきてとってもうれしいはずなのに、なんだか涙でおばあちゃんの顔がにじんでしまう。

 あづさはおばあちゃんに見られないように横をむいて、ごしごし目をこすった。

 うれしくても涙が出ることってあるんだね。

 おかえりなさい、おばあちゃん。






| 『ステラ』 琉球新報児童文学賞受賞作品 | 00:01 | comments(8) | - | |
第21回琉球新報児童文学賞  『ステラ』 (4)

e62e0cb4d231d760422e1ea577896c96.jpg
Photo by 由美太っ♪

その年の春のキャベツはやわらかくてとてもおいしかった。


 近所の農家のおじさんがとどけてくれたお見舞いのおいしい春キャベツは、おばあちゃんをみるみる元気にした。


 暖かくなるとおばあちゃんは、からだの具合をみながら小さな中庭の手入れにせいを出した。
 ときどきおばあちゃんとふたりで縁側にすわって、木々のあいだからこぼれる日差しや、やわらかい風に吹かれて季節が変わっていくのを感じた。
 
 おばあちゃんが育てた小さな草花たちは、いろんな表情で中庭のそれぞれの場所にすわっていた。おばあちゃんのレモングラスはただの細い雑草のようだったが、レモンのようなさわやかな匂いがしてあづさのお気に入りだった。


 「レモングラスを収穫するときは、よく洗ってね。猫がおしっこをひっかけているやもしれぬぞ。あづさどの。」


 「へええ。猫でござるか、おばあちゃん。」


 「なにごとも油断大敵でござる。」


 あづさは縁側でおばあちゃんと顔を見合せて笑った。


f4792c2dda7849aff645a8e83332a10f.jpg 


 桜の花びらのじゅうたんがいつのまにか風に散って、アスレチック公園の生け垣のつつじの花が満開になり、みどり色の風が吹くころ、あづさはおばあちゃんにお手玉の手ほどきを受けた。

 毎日お手玉をぽんぽんと空中にほうってはすくい、  
 
「ひい、ふう、みい、よう、いつ、むう、ななつ、やつ、ここのつ、とう!やった!」


 と記録を伸ばしていった。
 あんなに言うことを聞いてくれなかった黄色いお手玉も、自由自在にあやつれるようになった。


 開け放した窓から庭の草花の匂いがただよって、日差しが真夏になるのを告げていた。


 夏休みが終わっても蝉の声がシャワーのように降り注ぎ、あづさが汗だくで公園を走りぬけるようになったころからおばあちゃんは横になっている日が増えた。


24a9f35f55423c443a6d14447b4488b3.jpg

 それでも、毎日庭をながめながらあづさの帰りをむかえてくれた。


 二学期は学校の行事がたくさんある。一番のメインの運動会が間近になると練習に熱が入り、夕方おそくまでかかって夕暮れになってからおうちに帰る日が続いた。


 おばあちゃんは眠っていることが多くなった。昼間具合がよくて起きていられる日でも、夕方早くにおやすみしてしまう。

 
 「おばあちゃん、あづさ。ただいま帰ったでござるよ。おやすみなさいでござる。」

 
 しずかな寝息を立てるおばあちゃんに、あづさは毎日そっとささやいた。


 





| 『ステラ』 琉球新報児童文学賞受賞作品 | 00:01 | comments(12) | - | |
第21回琉球新報児童文学賞  『ステラ』 (5)

ゆみた2.jpg
photo by 由美太っ♪

運動会が終わり、いつまでもカナカナカナ・・・と鳴いていた夕方のひぐらしの声がいつの間にかすっかり虫の声に代わり、涼しい風が吹き始めるようになったころ。

 桜の葉っぱが少しづつ色づきはじめたころ。あづさの季節も変わろうとしていた。

 
 「ただいま」の声とともに帰り着いた日。
 
 あれ?玄関のドアが開かない。あづさの胸いっぱいに不安が広がった。
首から下げた鍵で玄関のドアを開けて中に入る。


 「ただいま。お母さん、おばあちゃん?」


 返事はなかった。


 あづさの予想通り、おばあちゃんのベッドはからっぽだった。



 
 あの日、秋のはじまりの日。


 突然おばあちゃんがいなくなって、それからあづさたち家族のまわりはまるで木枯らしが吹いたようにあわただしくなった。


 おばあちゃんを見送る「忌中」の波が引いてあづさもおにいちゃんも学校にもどったけれど、あづさはおばあちゃんの笑顔が遠くに行ってしまったという感覚がまだよくわからずにいた。なんだか心の中がからっぽになったみたいだ。

 
 おばあちゃんがいなくなって、とっても悲しいのに涙が出ないよ、おばあちゃん。なんでだろ? 

 


 おばあちゃんの四十九日の夜、お父さんがみんなを呼んだ。
 一通の手紙がテーブルにそっと乗せられた。おばあちゃんからの手紙だった。


 「感謝状   たもつどの みえこどの みずきどの あづさどの 

今年は春からいろんなことがありましたね。まさかおばあちゃんが病気なんかするなんてね。本人が一番びっくりしています。

 
 病気はいやだけれど、でもおかげでいろいろ準備することが出来てよかったわ。

 
 この家族のおかげで毎日楽しい日々を過ごすことができました。本当にありがとう。そこでね、最後にみんなに感謝の気持ちをこめてサプライズを残すことにしました。

 それぞれにひとつづつ、おばあちゃんから感謝の景品です。おばあちゃんがいっしょうけんめいに考えた場所にかくしてあります。みんなもがんばって探してみてね。

 おにごっこか、宝探しみたいで楽しいでしょう?


 いままで、ほんとにほんとにありがとう。


 たもつ、みえこさん、みずき、あづさ。
 おばあちゃんはいなくなっても、心はずっとずっとあなたたちといっしょです。

          おばあちゃんより」


 お父さんがおばあちゃんの手紙を読み終えたとき、おばあちゃんのいたずらっぽい笑顔が家族の間に広がった。

 
 はじめてあづさは声をあげて泣いた。
 おにいちゃんも、お母さんもお父さんも泣いた。

灯り.jpg

 

 
 
 寒い冬をまたいで新しい年が来た。
 
 おばあちゃんがいない中庭のむこうの公園に桜が咲きはじめるころ、ゆっくりとおばあちゃんが残したサプライズが見つかりはじめた。


 それぞれがおばあちゃんのおもかげを探すことで、おばあちゃんのいないさびしさを埋めているようだった。おばあちゃんらしいユーモラスな場所からおばあちゃんの残した宝物が見つかるたびに、だいじな思い出が増えていった。


 お母さんへのサプライズがおばあちゃんの着物の帯の間から見つかったときには、


 「こりゃ、うっかり形見分けもできないな。まったくいたずら好きなおばあちゃんらしいなぁ。」

 
 お父さんはおばあちゃんをなつかしく想いながら笑った。


 
 初夏の日差しが真夏の熱風に変り、蝉の声が聞こえるようになっても、あづさあてのサプライズだけがどこを探しても見つからなかった。おにいちゃんもお母さんもいっしょに探してくれたし、お父さんもおばあちゃんがしまいそうな場所を考えてくれたけれど、どうしてもわからなかった。


 家族のだれかあてのサプライズが見つかるたびにあづさはなんだかさびしい気持ちになった。


 おばあちゃん、ほんとにわたしにもサプライズ残してくれたのかなぁ・・・・。




 そんなあづさの気持ちをさっしてか、お父さんが言った。


 「あづさはおばあちゃんの一番のお気に入りだったからね。きっと特別な場所があるのかもしれないよ。ゆっくり探せばいいよ。おばあちゃんとあづさのおにごっこみたいで、おばあちゃんらしくて楽しいじゃないか。」


 そうか。そうだね。あせらないでゆっくりおばあちゃんを探せばいいんだね。自分に言い聞かせるようにあづさはお父さんの言葉を受けとめた。





| 『ステラ』 琉球新報児童文学賞受賞作品 | 00:01 | comments(8) | - | |
第21回琉球新報児童文学賞  『ステラ』 (6)

d0b5a7efcf6087e80ba4b11bc1e1bde7.jpg
Photo by 由美太っ♪


 季節はまたたくまに過ぎていった。

おばあちゃんがあづさたち家族のもとから旅立ってからあっというまに一年がたち、また冬がきて、おばあちゃんのいない二回目のお正月が過ぎようとしていた。


 縁側でおばあちゃんとレモングラスのお茶を飲んだのがついきのうのことのようだ。

 
 「おばあちゃん、わたし、この春から中学生になるんだよ。背だってずいぶん伸びたよ。」


 あづさはおばあちゃんがいつも中庭をながめながらすわっていた場所にごろんとあおむけになり、天井を見上げながらつぶやいた。

 
 「もうお正月もきょうで終わりだねぇ。えーっと、なんだっけ、春の七草。」

 
 「せり、なずな、すずな、すずしろ、それから・・・・はこべら。ごぎょう、ほとけのざ。もう覚えちゃったなぁ。」


 天井にむかって手を伸ばして指折り数えながら、ずっとむかしまだあづさがもっと小さいころ、おばあちゃんが教えてくれた七草の名前を数え上げる。

 
 そのとき、中庭からすーっとやわらかい日差しが差しこみ、あづさをつつみこんだ。耳のそばでおばあちゃんの声が聞こえたような気がした。


b1371f9b2046c25e3d7040caa9e562df.jpg
  
 『この草はね、ステラとも言うのよ。ほら、お花が小さなお星様みたいでしょう。』


 『ほんとだ。かわいいね、おばあちゃん。』


 『あづさ、いつかおばあちゃんがお星様になったらね・・・・。』


 突然あづさは起き上がり、おばあちゃんの言葉を追った。ドキドキしていた。まだずっと小さかったころのあづさとおばあちゃん。




 中庭から差しこむ光は、やわらかいおばあちゃんの笑顔のようだ。
 
 あづさはおばあちゃんと顔を見合せて笑った縁側から、急いで中庭にかけおりた。


 「ステラ、ステラ、ステラリア。あれはたしか、はこべらよね、おばあちゃん。」


 『そうよ、あづさ。覚えておいてね。いつかおばあちゃんがお星様になったときにね。この場所を思い出してね。』


 (おにさんこちら、手の鳴るほうへ・・)


 中庭のかたすみでおばあちゃんがやさしく笑って、おいでおいでをしているようだ。

e19f0e20f15f3930db4ea5dd65a2c82a.jpg


 ステラ。それは小さな小さな白い花。


 あづさの指がその花びらに触れたとき、小さなステラは突然きらきらと星のようにかがやき、ゆっくりと中庭いっぱいに舞った。


 「おばあちゃんだ・・・・。」


 その場所でステラとともにおばあちゃんはあづさを待っていた。
 
 あづさの心がやっとおばあちゃんにたどりついたとき、あづさはおばあちゃんのやさしい想いでいっぱいに満たされた。


 おばあちゃんがあづさに語りかける声がはっきり聞こえた。

 


 『あづさ、おばあちゃんはここにいるよ。』

 


 一月七日。きょうは七草の日。



       
               完

                                          
                       なぐも ゆき

 

 

 

 

 

 

 

 


 





| 『ステラ』 琉球新報児童文学賞受賞作品 | 00:10 | comments(14) | - | |
| 1/1P |



ARCHIVES
☆ポチっとおねがいします↓さてさて・・?
にほんブログ村 小説ブログ 短編小説へ
RECOMMEND
OTHERS
SPONSORED