CALENDER
<< March 2017 >>
SunMonTueWedThuFriSat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 

SELECTED ENTRIES
ABOUT
CATEGORIES
COMMENTS
TRACKBACKS
LINKS


<< そこにいるだけで愛される者 | main | 『ユキコ』 >>
ラブリーな休日♪

出かける用事をすべてキャンセルしてずーーーっと家にいた今日という日。
お天気はいまひとつはっきりしない、かっこうののんべんだらり日和。
なにをしてもいいし、なんにもしなくてもいい。

私が今のところ所属している、この家の肩書を大いばりで外すためには
やっぱり最低限のことをしなくちゃならない。
そのほうが自分も気持ち良く怠け者になれる。
というよりなにかに支配されるのが嫌なんだね。
〜しなくちゃならない、という束縛感を解くために
奉仕作業を終えた後、のびのび昼寝三昧。

最近よく夢に出てくる人がいる。
妙にリアルにおとといもきのうもきょうもさっきも。
「なにかご用ですか〜?」
目覚めてるときにこっちから尋ねるのもヘンだしな。

うちのがじゅ丸は寂しがり屋な猫だが、私とふたりでいる時、
私にはあまり甘えまい!という決意がみえる。
これは、どうやら一番なついている娘への操をたてているようだ。
つくづく律儀なBOYだと思う。
がっちゃん、だれも見てないよ、すりすりしてもいいんだよ。
チクったりしないからさ〜♪

夕方、取り込んだ洗濯物をたたむのに、思いついてウレタン素材のシートを出した。
テントの中に敷く銀色のヤツ。その上でたたんだらアウトドアな気分だった。得した。

サラダを食べ終わって、ほおづえついてたら、なんとなくこの歌が口をついて出た。
♪ねぇ、ムーミン、こっち向いて わかるけど男の子でしょ だからねぇこっち向いて♪
よく考えたら、ヘンな歌詞。ほおづえついたままずっと歌ってた。がじゅが心配そうに見てた。
歌詞っていったら演歌の歌詞で、なんていう曲か忘れたけど、都はるみの
「着てはもらえぬセーターを 寒さこらえて編んでます」っていうのがあるけど
だれがそんなセーターを南極なんかで編むんだろう。アホらし。

こんなふうにラブリーな休日が終わっていく。
明日はどんな日がやってくるのか、楽しみ楽しみ。








| DIARY | 23:31 | comments(0) | trackbacks(1) | |
スポンサーサイト





| - | 23:31 | - | - | |









http://salorems.jugem.jp/trackback/12




白呪
「ヨイトマケの唄」のマキシ・シングルの項でも書いたが、美輪明宏はボブ・ディランなど比べ物にならない世界一のメッセージ/プロテスト・シンガーである。それを決定づけたのが、75年にエレックから発売されたこのアルバムなのである。特にLPのA面にあたる最初の5曲は
| 演歌の極意 | 2007/10/01 8:18 AM |





ARCHIVES
☆ポチっとおねがいします↓さてさて・・?
にほんブログ村 小説ブログ 短編小説へ
RECOMMEND
OTHERS
SPONSORED