CALENDER
<< April 2017 >>
SunMonTueWedThuFriSat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      

SELECTED ENTRIES
ABOUT
CATEGORIES
COMMENTS
TRACKBACKS
LINKS


<< 『天使のような彼女がささやく』 | main | 『ようこそ夢の扉の入り口へ』 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています





| - | | - | - | |
『Chapter 機



きょうの空はどんな色かしら?
コーヒーを淹れながら、彼女はキッチンの窓から空を見上げた。

澄んだ空気が感じられるような、少し淡いけれど涼しいバイオレットブルースカイ。

娘を送り出してから、ゆったり流れる彼女の時間。
ずっとそんな穏やかな時間が続くはずだった。
平和だけれど、切なさや一瞬のきらめきとは無縁の彼女の時間。

まったく違う色のドアから外へ出たことのない彼女の人生。
まだ十分には暖まらない陽が、角度を広げてリビングに差し込みはじめる。
情報の波のような音を嫌ってTVを消し、新聞を広げながらコーヒーをすする。

困ったわけではない。いやな気分でもない。
自分のテリトリーから外へ出たことがないだけだ。
いつの頃からか、自分の心に鍵をかけてから扉を開けたことがないだけだ。
自分の持つキーはここにあっても、使う必要がない人生。
スペアキーは、いつのまにかどこかへ消えている。

淹れたてのコーヒーの香りに包まれて、新聞をめくる音が彼女の耳に届く。
最後のページをシャララと閉じたら、彼女は新しい世界を知る。

カチリと音をたてて、だれかが扉を開く瞬間。
Chapter 気了呂泙蝓



小さく心に届いたらポチっと叱咤激励うれしいですmmにほんブログ村 小説ブログ ショートショートへ



人気blogランキングへ
ありがとうございました!









| - | 21:19 | comments(1) | trackbacks(0) | |
スポンサーサイト





| - | 21:19 | - | - | |

ドアはいくつあるのかな、コーヒーはブラックかな、心を閉ざす人間とは、いかに。おっぱピー。
| シャンプシャプー | 2007/11/05 9:54 PM |









http://salorems.jugem.jp/trackback/123





ARCHIVES
☆ポチっとおねがいします↓さてさて・・?
にほんブログ村 小説ブログ 短編小説へ
RECOMMEND
OTHERS
SPONSORED