CALENDER
<< June 2017 >>
SunMonTueWedThuFriSat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 

SELECTED ENTRIES
ABOUT
CATEGORIES
COMMENTS
TRACKBACKS
LINKS


<< 『はた織り工房にて』 | main | 『アロー ジュテーム』 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています





| - | | - | - | |
雪の朝 《ブログ土佐日記風 8 》



(今朝の横浜、一面銀世界。そりゃもう、きれい!遠くから眺めるだけなら・・・)
(さぁて、本日お休みだし、近くの公園に雪景色の写メでも撮りに散歩でも。)

おお!PEARどの!今朝は美しい朝であるなぁ。
(ありゃ、紀貫之先生。お寒うございますね。平安時代から雪など見慣れて、それほど珍しいものでもございませんでしょ?でもきれいでございますね。)
(あ、貫之先生。このPEAR、これより雪景色散歩など洒落てみようかというところ。
どうでございましょう?これよりPEARとご一緒に、近くではございますが、お出かけしてはみませぬか?)

おお!お出かけとな?あなうれしや!冬の景色をば堪能しにゆくとな?
それは風情のあることよのぅ。ではご一緒に。PEARどの。
(先生、そのいでたちでは、ちと寒うございましょ?どうぞ、これを。)

なんぞや?これは?
(ベンチコートとニットのキャップとホ―キンスのトレッキングシューズ。でございますが、なにか?あ、ほら、ホッカイロも手袋もつけましょ。)

おお!北海なんとか!すぐれたものよ。しかし、このベンなんとかはのぅ。い、いや。
着慣れぬものはちと窮屈じゃのう。どうであろう?

(いや、貫之先生。よくお似合いでござります。とても平安の時代の有名人とは思えませぬ。まるでEXILEみたい!((馬子にも衣装)笑)))

PEARどの、なにか申されたか?
(い、いえ、別に。((せんせ、ほんに地獄耳。あぶないあぶない)汗))))

(こちらの”ひまわり公園”は神奈川県の夜景スポットとしても、知る人ぞ知る場所でございまして、晴れた夜には遠くにみなとみらいの夜景、ベイブリッジなど、キラキラ輝きまする。
あ、貫之先生、足元にご注意されて。すってんころりんといかれたらた〜いへん。
歌仙として名高き紀貫之先生をお預かりしているのですから、責任重大でございます。)

ほんにツルツルよう滑るの。あれ、ほら、PEARどの。お若き婦人と思われる方が今そこで、ツルっと。しかし、ずいぶんと短き袴よのぅ。寒そうであるな。
(女子高生でございますね。ミニスカ足元ローファーで大変でございます。)
(貫之せんせ〜!あれ!ごらんになりましたか?あれがバイクというものでございます。このアイスバーンにバイクは無謀ですな。ほら、空回りしてござります。)

なにやら、不気味な型の乗り物。場行く!とな?
(いえ、バイク・・・・。)
(先生、この雪道を無理に行こうとする車が数台おります。おお!滑ってブレーキがきかずに事故につながる場合も。危のうございますゆえ、どうぞ、公園内のここに。)

PEARどの、ギューンギューンというこの音は?
(あっ!あれは!車がアイスバーンで、空回りする音でございます。右往左往してございますなぁ。)

ほう。いやいや、この時代は便利なものばかりと思うておったが、雪が降っただけでこの有様よ。いかようにも不便なものかは。

公園の中は見渡す限り雪が降り積もり、少し固まってきた氷の部分がザックザックとこの音もいと美しいものよのぅ。
ほんに自然というものはどの時代も変わらず美しき四季を我らに与えてくるうもの。
そんな自然とどう付き合っていくか。これが平安の世も、この現代も変わらず、人間が考えていかねばならぬ課題でござろう?

(さすがに貫之先生、自然との付き合いに深いものが感じられましてございますなぁ。)

おお!PEARどの!あれはなんとしたもの!
(えっ?なんでございますか?あぁ、あれは愛犬の散歩に出かける人々でございます。)

さきほど、この道を通っていく人、読み人知らず。
なにやら、「犬の散歩も命がけ」とのたまっていたぞよ。

(今は、ペット共存家庭が多ございますゆえ。我が家にもおりますでしょ?
猫は寒いのが苦手でございますれば、家の中でいつもぬくぬくしておりますな。)

ふむ、なるほど。寝食を共にすれば家族も同然よの。犬はこの雪道、嬉しそうじゃのぅ。
紐を持つ御仁が引っ張られておるわ。あなおかし。

PEARどのと歩きにくいこの道を来ただけで、いろいろ思うこと多きかな。

(はい。雪化粧を施されて、美しく輝くこの道も、人によってはとり方、千差万別。
生きる上では、美しい景色とも闘っていかねばならず、姿ばかりに負けることなく、さりとて、この季節からの賜り物をば楽しむ心の余裕も持ちたく。)

それ!PEARどの。共存の心は生き物だけにあらず。
すべからく見つめる心の目を養えば、この限りある生もまた楽しきものとなろう。

(貫之先生、きょうはなにやらとっても先生みたい。。。)

なにを言われることやら。
おや、PEARどの、袖に穴が空いておるぞ!

(あ、はは・・・。ばれました?これね、うちのがじゅ丸に食われてございます。
なにやら、うちの共存は弱肉強食にも似たものがあるような、ないような。。)

それとあらば、ふむ!まず片付けから、ということに尽きるような気もしてまいるなぁ。

(せんせ、しっしっ!しー!片付け下手、PEAR!一本取られてございます!)
(これにて、おやすみなさりませ〜!)

あ〜あ、PEARどの。いんでしもうた。
では、これにて、この貫之もおやすみのごあいさつ。
ところで、このトレなんとかしゅーなんとかはどうやって脱げばよいのであろう・・・?
ぺ、PEARどのーーーーー!!!


ランキング参加中です☆ポチっと応援いただければ、あなうれし^^;
にほんブログ村 小説ブログ 短編小説へ

人気blogランキングへ


ありがとうでござる!by 貫之^^v










| ブログ土佐日記風 | 23:04 | comments(4) | - | |
スポンサーサイト





| - | 23:04 | - | - | |

二の字二の字の雪踏みも洒落て良さげに見えもの、いけな姿の二人連れね?。冬羽織に下駄もなかなか粋に見えるし、先生には似合いそうだが。さらには都会の景色を消して真白な世界に散歩二人の足跡はこの季節ならではの足跡と、きっとお二人の後を歩く者が思っただろに!ともっと降り積もる雪も見てみたい。
もしかしてPEARどのは足のなが〜いブーツではあるまいな。明日は粋な和装で足跡をつけてみなされや。
 散歩道に町の風情はおもしろい、はたまた『随分と短き袴』には出くわしてみたいと思わないでもない。 少し私的欲求の感想なりかな。
| Bang | 2008/02/05 12:52 AM |

神奈川県は雪景色ですね。
土佐日記風とは面白い観点での小説です。
子育てに追われてしばらく本を読んでいない事に気づきました。
次回も楽しみにしてます。
| ちびすけ | 2008/02/05 1:36 PM |

すごい雪景色ですね!一面の銀世界。
土佐日記風の日記。面白い会話に笑いながら、
読ませていただきました。はい。応援しま〜す!
| あさちん | 2008/02/05 3:22 PM |

朝、カーテン開けるとひぇ〜ひぇ〜と叫びたくなるほどの雪景色!二年前我息子のセンター試験の日といっしょだ〜!ひぇ〜!息子もせぇんせぇ〜と同じ完全防備で試験会場に行ったことを懐かしく思い出しました
| いちご大福 | 2008/02/05 10:46 PM |












ARCHIVES
☆ポチっとおねがいします↓さてさて・・?
にほんブログ村 小説ブログ 短編小説へ
RECOMMEND
OTHERS
SPONSORED