CALENDER
<< December 2017 >>
SunMonTueWedThuFriSat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      

SELECTED ENTRIES
ABOUT
CATEGORIES
COMMENTS
TRACKBACKS
LINKS


<< 第21回琉球新報児童文学賞  『ステラ』 (1) | main | 第21回琉球新報児童文学賞  『ステラ』 (3) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています





| - | | - | - | |
第21回琉球新報児童文学賞 『ステラ』 (2)

41d36d62b42750661ff71e34da2033c1.jpg
Photo by 由美太っ♪


そうだそうだ、きょうはいいものがあった。


 あとでおばあちゃんと遊ぼうと思って、ランドセルに大事にしまったお手玉。
せっかく急いで帰ってきたのになぁ。

 あづさはランドセルからお手玉を取り出し、ぽんと空中に投げてはまた手の中にもどす。


 赤や黄色の花柄のちりめんでできたお手玉が三個。
 むかし遊びの道具を持ち寄る学校の授業で使った、おばあちゃんお手製の古いお手玉。中にあずきが入っていて、しゃりしゃりした感触が心地いい。


 むかし遊びの道具を探していたあづさに、こんなものがあるよ、と言っておばあちゃんがお手玉を出してくれた夜


 「ひい、ふう、みい、よう、いつ、むう、ななつ・・・・・・・。」


 歌うように片手でぽんぽん空中にお手玉をほうってはすくう様子が、まるでカラフルな観覧車がおばあちゃんの手の中で回っているように見えた。


 「おばあちゃん、すごーい。魔法使いの手みたい。」


 目を丸くしているあづさに、おばあちゃんはくるくるお手玉を回しながら


 「あづさも練習すれば、すぐに上手になるよ。心配ご無用。」

と、おどけて言った。

 

「ひい、ふう・・・、おっとっと。みい、よう・・・。あ、だめだ。こりゃ、むずかしいでござるよ、おばあちゃん。」


 あづさの手のひらをはずれて、縁側に黄色いお手玉がなんども落ちた。


 おばあちゃん、早く帰ってこないかな。

86fd2bd79ce2a6c299f4c7c02b035756.jpg


 

「あづさ。やっぱり帰ってたな。」


 中庭をのぞいてあづさに声をかけたのは、兄のみずきだった。


 「あれ?おにいちゃん。」


 急いでお手玉を拾って、ランドセルを片手でかかえながら、あづさはおにいちゃんのうしろに続いて玄関に移動した。


 「きょうは早かったんだね。部活なかったの?」


 玄関の鍵を開けながらおにいちゃんは、真新しい中学の制服の背中で

「うん・・・・。」

と短く返事をした。

 



 「あづさ、おばあちゃんが入院した。」


 リビングのカーテンを開けて、かたむいた夕日を入れながら言ったおにいちゃんの顔が少しくもっていた。


 「えっ?」


 「だいじょうぶだよ。あづさが待ってるだろうから、きょうは早く帰るようにって母さんから連絡があったんだ。」


 「入院て?おばあちゃん、どこか悪いの?だって、朝はなんともなかったじゃない?」

「くわしいことはわからない。母さんが帰ってくるまで待とう。うんと具合が悪ければ病院に呼ばれるはずだろうから、きっとだいじょうぶだよ。」


 あづさは、おばあちゃんのやわらかい笑顔が遠くに行ってしまうような気がして、急に不安になった。

 おばあちゃんがどこかに行ってしまうことなんか、これまで考えたこともなかった。

 おばあちゃん、おばあちゃん。








| 『ステラ』 琉球新報児童文学賞受賞作品 | 00:01 | comments(4) | - | |
スポンサーサイト





| - | 00:01 | - | - | |

うわぁ〜〜〜〜ん・・・・・(TДT);;;

とても居心地のいい
懐かしさに似た温かさに包まれた安心感から・・・
・・・急に稲妻が走るような不安感・・・

なんだかズキーン!!!と胸にきました・・・(TДT;);;;
・・・大丈夫であって欲しい。。。


※もう本当にこんな大昔wの写真をPEARさんの小説のイメージに合わせて下さって・・・
 毎回なんとお礼申してよいやらでロクにお礼も言えずにいて・・・ごめんなさいm(__;)m;;;
| 由美太っ | 2010/06/24 12:35 PM |

時間が止まってほしい。

これが夢であってほしい。
| まつぼっくり | 2010/06/24 9:28 PM |

由美太っさん

ありがとうございます
こちらこそ、感性豊かな素敵な写真をありがとうございます

あづさとおばあちゃんの物語
もうすこ〜し続きます
お付き合いくださいね
| PEAR | 2010/06/24 10:36 PM |

時間をさかのぼれるならあらがってみたい・・・
そんな切なさを知っておられるまつさんへ

流れる時間のなかにも大切なものがある
そんなことを表現してみました

「ステラ」
詠んでいただいてありがとう
| PEAR | 2010/06/24 10:53 PM |












ARCHIVES
☆ポチっとおねがいします↓さてさて・・?
にほんブログ村 小説ブログ 短編小説へ
RECOMMEND
OTHERS
SPONSORED