CALENDER
<< August 2017 >>
SunMonTueWedThuFriSat
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

SELECTED ENTRIES
ABOUT
CATEGORIES
COMMENTS
TRACKBACKS
LINKS


<< 第21回琉球新報児童文学賞  『ステラ』 (3) | main | 第21回琉球新報児童文学賞  『ステラ』 (5) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています





| - | | - | - | |
第21回琉球新報児童文学賞  『ステラ』 (4)

e62e0cb4d231d760422e1ea577896c96.jpg
Photo by 由美太っ♪

その年の春のキャベツはやわらかくてとてもおいしかった。


 近所の農家のおじさんがとどけてくれたお見舞いのおいしい春キャベツは、おばあちゃんをみるみる元気にした。


 暖かくなるとおばあちゃんは、からだの具合をみながら小さな中庭の手入れにせいを出した。
 ときどきおばあちゃんとふたりで縁側にすわって、木々のあいだからこぼれる日差しや、やわらかい風に吹かれて季節が変わっていくのを感じた。
 
 おばあちゃんが育てた小さな草花たちは、いろんな表情で中庭のそれぞれの場所にすわっていた。おばあちゃんのレモングラスはただの細い雑草のようだったが、レモンのようなさわやかな匂いがしてあづさのお気に入りだった。


 「レモングラスを収穫するときは、よく洗ってね。猫がおしっこをひっかけているやもしれぬぞ。あづさどの。」


 「へええ。猫でござるか、おばあちゃん。」


 「なにごとも油断大敵でござる。」


 あづさは縁側でおばあちゃんと顔を見合せて笑った。


f4792c2dda7849aff645a8e83332a10f.jpg 


 桜の花びらのじゅうたんがいつのまにか風に散って、アスレチック公園の生け垣のつつじの花が満開になり、みどり色の風が吹くころ、あづさはおばあちゃんにお手玉の手ほどきを受けた。

 毎日お手玉をぽんぽんと空中にほうってはすくい、  
 
「ひい、ふう、みい、よう、いつ、むう、ななつ、やつ、ここのつ、とう!やった!」


 と記録を伸ばしていった。
 あんなに言うことを聞いてくれなかった黄色いお手玉も、自由自在にあやつれるようになった。


 開け放した窓から庭の草花の匂いがただよって、日差しが真夏になるのを告げていた。


 夏休みが終わっても蝉の声がシャワーのように降り注ぎ、あづさが汗だくで公園を走りぬけるようになったころからおばあちゃんは横になっている日が増えた。


24a9f35f55423c443a6d14447b4488b3.jpg

 それでも、毎日庭をながめながらあづさの帰りをむかえてくれた。


 二学期は学校の行事がたくさんある。一番のメインの運動会が間近になると練習に熱が入り、夕方おそくまでかかって夕暮れになってからおうちに帰る日が続いた。


 おばあちゃんは眠っていることが多くなった。昼間具合がよくて起きていられる日でも、夕方早くにおやすみしてしまう。

 
 「おばあちゃん、あづさ。ただいま帰ったでござるよ。おやすみなさいでござる。」

 
 しずかな寝息を立てるおばあちゃんに、あづさは毎日そっとささやいた。


 





| 『ステラ』 琉球新報児童文学賞受賞作品 | 00:01 | comments(12) | - | |
スポンサーサイト





| - | 00:01 | - | - | |

おばあちゃんが無事に退院できた時のありがたさと温かさ・・・
そしてまた季節を越え
(PEARさんのこの季節感を、風を、肌で感じられる表現、心地よくて本当に好きです!)
あづさとおばあちゃんにあらたな風向きが・・・

全部があたたかいはずなのに
なぜか背景に切なさを感じてしまって・・・
なんとなくこのあたたかさも泣けてきそうになりながら読みました。。。

心地よいはずの風は長くは続かないのかな・・・と
なぜかリアルにも感じてしまって・・・あぁっ;;;いかん!マイナス志向になってしまってたw;;;


| 由美太っ | 2010/06/26 4:16 AM |

ここまでくるとなぜかおばあちゃんのマイナスイメージを連想してしまいます。
今朝は休みでのんびりした朝を迎えています。
ゆっくりブログを拝見しています。
いつも有難うございます。
| ロング | 2010/06/26 10:01 AM |

『ステラ』が第21回琉球新報児童文学賞を受賞されたのは一年前のきょうですね。
受賞のニュースを関東在住の友人の一斉メールで知りびっくりしました!!
あの日は夜遅くまで、喜びのメール祝福のメールが飛びかっていましたね。
きのうのことのようにおもえます。

『ステラ』が本になるのをたのしみにしています!!!
| kiki | 2010/06/26 10:52 AM |

ばあちゃんに育てられた私にとって

この文章のあちらこちらに心を揺さぶられます。
行き着く先は皆わかっていても
そこに至るまでの気持ち、手に取るようにわかってなんだか遠い昔を思い出して泣けてきます。
| kokeobasan | 2010/06/26 1:15 PM |

流れるように静かに心にしみ込んでくるような文章・・・
うまく書けませんが光景が目に浮かんできます。
忍者言葉は印象的でござる。
| まつぼっくり | 2010/06/26 5:48 PM |

胸に沁みるね。。。
懐かしい郷愁感としんみり切ない感じと…伝わってきますよ。

| 悠人 | 2010/06/26 10:52 PM |

由美太っさん

由美ちゃん、いつもありがとう♪
こんな小さな物語に彩りを添えてくれる由美ちゃんの素敵な写真
あづさとおばあちゃんのイメージを探す作業も楽しいものでした

これからもよろしくお願いします
| PEAR | 2010/06/27 1:20 AM |

ロングさん

いつもありがとうございます

おばあちゃんの想い、あづさの想いがみんなに届くといいなぁと思っています
ゆっくり休日を過ごされてくださいね〜♪
| PEAR | 2010/06/27 1:26 AM |

kikiさん

こんばんは〜
いつもありがとうございます♪

私の拙い文章をいつも楽しみにしてくれて本当に感謝しています

『ステラ』をみなさんの元にお届けできるよう、頑張りますね^^
これからも仲良くしてくださいね♪
| PEAR | 2010/06/27 1:34 AM |

kokeobasanさま

いつも素敵なkokeさま
「ステラ」読んでくださってありがとうございます

あづさとおばあちゃんの行き着く先の、そのまた先に待っているものは
きっとkokeさまとおばあちゃんが過ごした抱きしめたいような日々と同じものかもしれません

もう少し、あづさとおばあちゃんにお付き合いくださいね

kokeさまにお会い出来る日を指折り数えて楽しみにしております
| PEAR | 2010/06/27 1:49 AM |

まつぼっくりさん

いつもあたたかいコメントありがとうございます

あづさの物語に終わりはありません
愛する者が残してくれるものはどんなに時を経ても色褪せることはありませんものね



| PEAR | 2010/06/27 1:57 AM |

悠人さん

読んでくださってありがとうございます
あづさとおばあちゃんの想いが師匠にも届きますように

| PEAR | 2010/06/27 2:03 AM |












ARCHIVES
☆ポチっとおねがいします↓さてさて・・?
にほんブログ村 小説ブログ 短編小説へ
RECOMMEND
OTHERS
SPONSORED