CALENDER
<< October 2017 >>
SunMonTueWedThuFriSat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    

SELECTED ENTRIES
ABOUT
CATEGORIES
COMMENTS
TRACKBACKS
LINKS


<< 読書考 2013 夏の終わり  | main | 『夢紬珈琲館へはこちらから』 VOL.13 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています





| - | | - | - | |
言の葉工房より


                                         Photo by 明太子2



言葉の持つ力。
不思議な力。今ここにいる自分を勇気づけることも出来る。
どうしようもない現実を目の前にしていても、自分を支えることも出来る。
言葉の世界では元気にはっちゃけていたい。

とげが刺さって痛いのに、なかなか抜くことが出来ない。
この小さなとげの痛みも自分が生きている証。

少しづつもやが晴れてくる感覚がある、ような気がする。

ふり絞るような命の輝きを見せるひと。
あたたかい陽ざしのような笑顔をくれるひと。
美しい色彩の世界をくれるひと。
言葉のひとしずくで渇きをいやしてくれるひと。

すべてに感謝を捧げつつ、自分の世界を模索する準備を始める。

糸車が動き出す瞬間の感覚を、呼び覚ますことが出来ますように。
緩やかな風が吹き、コトリと機織りの音色がこの耳に届きますように。

















 




| - | 01:11 | comments(2) | - | |
スポンサーサイト





| - | 01:11 | - | - | |

糸車が動き出す瞬間の感覚を、呼び覚ますことが出来ますように〜って素敵ですね。
段々と感動を覚えなくなっていく近頃…その感覚を思い出しました。
習慣になっていくのは良いけど、鮮度が薄れ…何事にもトキメかない難点がありますね。
| Tokyotanucat | 2013/11/06 7:36 AM |

Tokyotanucatさん

ちょっと前からクモの巣がはっていた「言の葉工房」にちょっとずつ風邪を入れ始める準備ができたらいいな、と思っています。
言葉の縦糸、横糸がどんな色彩の布をおりあげるようになるのか、さてさて、焦らずゆっくりと参りたいと思います
| PEAR | 2013/11/06 5:26 PM |












ARCHIVES
☆ポチっとおねがいします↓さてさて・・?
にほんブログ村 小説ブログ 短編小説へ
RECOMMEND
OTHERS
SPONSORED